ようこそ「TOEIC試験ガイド★講座 対策 受験 求人 仕事 問題集 合格 資格 通信教育 学校」へいらっしゃいました!このサイトは、TOEIC試験が今とっても気になっているとか、TOEIC試験を受験したい!またはTOEIC試験に合格したい!TOEIC試験のテキスト問題集過去問求人とか仕事などの情報が欲しい!という方を対象に、様々なコンテンツを提供していきます。最近はネットで各種情報を得られたり、たとえば掲示板勉強法を検索したり、大変便利になりました。もちろん、TOEIC試験の最新情報を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★TOEIC 検索はこちら!★
TopTOEIC試験 紹介 >TOEIC試験について

TOEIC試験について

TOEIC試験資格、TOEIC試験の講座、TOEIC試験の講習などTOEIC試験情報をお探しの方へ。まずはじめにTOEIC試験の概要をご紹介します。(wikipediaより)

国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーション えいごのうりょくテスト、Test of English for International Communication、通称「TOEIC(トーイック)」)は、米国に本部を置く教育試験サービス(Educational Testing Service;ETS)という団体が問題を作成し、日本では財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 (The Institute for International Business Communication) が主催する、英語を母語としない者のための英語の全世界共通の技能試験である。

歴史
日本の経団連と通商産業省(通産省;現在の経済産業省)の要請を受けて、米国の教育試験サービス(Educational Testing Service;ETS)が、自らのTest of English as a Foreign Language (TOEFL) に基づいて開発した。試験の原案を考案したのは日本人のチームであると言われ、1979年10月4日付の朝日新聞夕刊[1]は、日本人チームで中心的な役割を果たした北岡靖男のインタビュー記事を掲載している。

概要
受験者は聞き取り (Listening) 100問と読解 (Reading) 100問の2部構成、計200問の試験を受け、各部門の合計点がスコアとして認定される。スコアは、素点による絶対評価ではなく、全受験生との相対的な成績によって算出され、10〜990点の間(各部門 5〜495点ずつ)で5点刻みで評価される。受験者数が非常に多いことから、スコアによる序列への信頼性が高い。受験方法には、個人で受験する「公開テスト (Secure Program Test; SP Test) 」と、企業や学校内で随時実施する「IPテスト(Institutional Program;団体特別受験制度)」の2つの方法がある。

60カ国で実施されていて、毎年延べ450万人[1]が受験する国際的な試験であるが、受験者の大半は日本人(150万人)と韓国人で占められている。そのためか現時点では日韓の2国と一部のアジア諸国以外では重要視する国も少なく、先行するTOEFLほどには国際的な評価も知名度もなかったが、フランスのエリート養成校であるグランゼコールの中にはTOEICで750点以上のスコアを取ることを卒業要件として課すところが現れるなど、TOEICの影響力がヨーロッパにも徐々に浸透しつつある。

設問内容は主に海外や日本の外資系企業のビジネス現場を想定している。語彙や語法に関する設問には日常生活に不必要なものも含まれ、英語の母語話者でも満点を取ることは難しい。一度取得すれば終身有効の検定資格ではなく、受験の時点における実力確認の試験なので合否判定はない。また、試験問題と評価は全世界共通であり、異なる日程間でも難易度に差がないように作られており、本人の能力に変化が起きない限りスコアに変化は起きない。よって、一部で言われているような、国外で受けるTOEICは日本のものより簡単といった話は誤解である。

企業のグローバル化に伴い、TOEICスコアが企業の採用や人事評価において用いられるようになっている。

リニューアル
「国際コミュニケーション」と銘打っておきながら聴き取りテストに北米の発音しか聞こえないのはおかしいという批判があったが、現在では改善が見られる。日本では第122回公開テスト(2006年5月実施)を皮切りに問題のリニューアルが行われた。主な変更点として以下が挙げられる。

問題文の長文化。
聴き取りテストでは米国発音やカナダ発音に加えて英国発音とオーストラリア・ニュージーランド発音が採用され、それぞれ25%の割合で聞こえてくる。但し、指示を出す声は常に米国発音である。
第1部の写真描出問題の数を削減。
第6部の誤文訂正問題を廃止、代わって長文穴埋め問題を導入。
第7部の読解で単一文書のみならず、e-mailのやりとりに代表されるような、読解すべき文書が2つのもの(double passage)を導入。
新旧両方のTOEIC受験経験者を対象に、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が行なったアンケート結果[2]によれば、56.8%がリニューアル後のTOEICは難しくなったと感じている。この傾向は下位層ほど顕著であり、10〜395点の受験者では実に85.6%、400〜495点の受験者では69.9%、500〜595点の受験者では59.3%が「難しくなった」と回答している。ちなみに600〜695点の受験者では58.9%、700〜795点の受験者では48.6%で、800〜895点の受験者では47.9%で、900〜990点の受験者では39.8%が「難しくなった」と回答した。

なお、IPテストについては2007年4月以降新構成に移行予定。


posted by TOEIC試験 at 12:13 | TOEIC試験 紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。